渡辺病院について

沿革

生まれ故郷に最高の医療を届けたい

渡辺病院は、初代院長渡邊元嗣が東京大学医学部を卒業後、生まれ故郷の美浜町に1962年(昭和37年)に渡辺医院として開業致しました。当時は東京大学に在籍しながら学術・研究の道を断ち、開業することが大変珍しかった時代でしたが、元嗣の「地域社会に貢献したい」という思いは強く、当時最新鋭のレントゲン機器を購入し、確かな画像診断に努めるなど、地域の方々の要望に応えておりました。

昭和37年開院当時の渡辺病院
昭和37年開院当時の渡辺病院
昭和54年開院当時の渡辺病院
昭和54年当時の渡辺病院

昭和51年に渡辺病院を設立、昭和59年には現在の111床に増床。現在の内科総合病院の基礎が完成しました。昭和60年代に入り、次第に老人福祉が問題視されつつあったことを受け、老人福祉の分野に参入するべく、昭和63年に社会福祉法人瑞祥を設立し、翌年特別養護老人ホーム ビラ・オレンジを設立しました。これは当時の知多郡五市五町で第一号となりました。その後、平成6年に老人保健施設サンバーデン、平成17年に渡辺病院健診センターを開設するなど、医療・福祉・保健を結合させ、今日まで歩んで参りました。

平成6年航空写真
平成6年航空写真
直近航空写真
直近航空写真

沿革

昭和37年 渡辺医院を開設(初代院長 渡邊元嗣)
昭和51年 医療法人渡辺病院を開設
昭和59年 現在の111床に増改築
昭和63年 社会福祉法人瑞祥を設立
平成元年 「特別養護老人ホーム ビラ・オレンジ」開設
平成3年 天然温泉「成光の湯」掘削に成功
平成6年 「老人保健施設 サンバーデン」開設 第二次救急病院指定
平成7年 「美浜訪問看護ステーション」開設
平成11年 「居宅介護支援センターわたなべ」開設
平成13年 労災保険指定病院(二次健診指定)
平成14年 名古屋第一・第二日赤病院と連携
平成16年 渡辺病院付属会館 増改築
「老人保健施設 サンバーデン」 増改築(122床)
平成17年 政府管掌健康保険生活習慣病予防指定病院
「渡辺病院 健診センター」
「新型特別養護老人ホーム ビラ・オレンジ ユニットケア」開設
平成18年 「美浜町地域包括センター 西部支所」受託
健康保険組合愛知県連合会
生活習慣病予防健康診断指定機関
平成19年 日本総合健診医学会 優良総合健診施設認定
平成20年 オーダリングシステム導入
平成24年 渡邊靖之医師 理事長・院長に就任
回復期リハビリテーション病棟(30床)開設
平成25年 80列160マルチスライスCT、1.5テスラ(ラージボア)MRI導入
ページトップへ