診療・検査部門のご案内

循環器内科

循環器内科

循環器内科は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、心不全、不整脈などの心疾患を中心に診療をしております。
また、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の診断・治療に対応して多くの合併症をかかえているご高齢の患者さまには、循環器内科だけでなく総合内科的な診療を心がけております。
当院では、2013年5月より80列160マルチスライスの高性能CTを導入しました。
従来のCTより低被ばくで、かつ鮮明な画像が得られるため診断の向上にもつながっています。
また、心臓エコーによる心臓弁膜症や心不全などの形態・機能評価、最新の運動負荷試験(トレッドミルテスト)を使い、非侵襲的にも検査を行っています。
不整脈に対しては、ホルタ-心電図(24時間心電図)を5台整備し、いつでも緊急の不整脈検査を行える体制を整えています。
また、約30分でホルタ-心電図の解折ができるため、その日のうちに結果報告もできます。
房室ブロックや洞機能不全症候群の治療のためペースメ-カ-の手術治療も行っております。

ページトップへ