診療・検査部門のご案内

神経内科・心療内科

神経内科は内科の一分野であるだけでなく多くの診療科と密接に関わっており、脳神経系の総合診療科としての役割も担っています。
脳梗塞や脳出血などの脳血管障害とパーキンソン病、多系統萎縮症などの神経変性疾患、アルツハイマ-病を中心とした認知症、さらにはパニック障害、強迫性障害やうつ病に代表される気分障害も含め、総合的に診療にあたっています。

ページトップへ